会社概要

基本方針

私たちの仕事は、汲み取りから浄化槽へと変わり、やがて下水道に接続されて消えていくものであると受け入れてきましたが、浄化槽機能の向上や地方財政の状況もあり、浄化槽は下水道に代わる施設として注目されています。
浄化槽が恒久的に使用されるには、清掃・保守点検・法定検査3業種が連携し、経時的な記録を基に適切な作業を行い、良好な水質を保持することが重要です。また、住民が安心して生活するには、緊急時の対応を迅速に行う必要があります。
資源が必要とされている中で、廃棄物のリサイクルやエネルギー化を実現し、地域において活用されるよう絶えず工夫を図っていくことが、私たちの使命と役割です。

会社名 株式会社 日本環境管理センター
所在地
【本社】
岐阜県海津市平田町三郷493番地  ACCESS MAP
TEL:0584-65-1132 / FAX:0584-65-0530
【平田リサイクルセンター】
岐阜県海津市平田町三郷482番地
創業 昭和32年4月
設立 昭和60年7月
資本金 1,000万円
決算期 4月末日
取引銀行 大垣信用金庫・十六銀行・大垣共立銀行・桑名信用金庫

組織構成

組織図

沿革

1957年(昭和32年) 4月 南濃衛生社として、海津郡の一般廃棄物処分業(し尿)収集運搬業
浄化槽清掃業開始
1976年(昭和51年) 4月 日本環境管理センターに社名変更
6月 浄化槽保守点検業開始
1985年(昭和60年) 7月 株式会社日本環境管理センター 法人設立
1990年(平成2年) 4月 農業集落排水の維持管理業務開始
1992年(平成4年) 4月 事業系一般廃棄物収集運搬業開始
1993年(平成5年) 6月 産業廃棄物収集運搬業開始
1994年(平成6年) 4月 公共下水道の維持管理業務開始
1995年(平成7年) 9月 平田リサイクルセンター第一工場建設
産業廃棄物処分業開始
1996年(平成8年) 4月 金属くず回収業開始
毒物劇物一般販売業開始
1998年(平成10年) 6月 カノン(ハーブガーデン)開設
8月 平田リサイクルセンター第二工場増築
9月 ペットボトルのリサイクル処理開始
2001年(平成13年) 1月 ISO14001認証取得
6月 一般建設業(管工事)開始
8月 特別管理産業廃棄物収集運搬業開始
2002年(平成14年) 9月 平田リサイクルセンター第三工場建設
一般廃棄物処分業を開始
10月 汚泥リサイクル処理(炭化処理)開始
2005年(平成17年) 10月 ハーブガーデン、農園開始
2006年(平成18年) 11月 本社移転
2008年(平成20年) 5月 廃油リサイクル開始
2013年(平成25年) 9月 太陽光パネルシステム導入、売電開始
11月 バイオマス原料のペレット燃料化、肥料化、堆肥資材の製造開始

このページのTOP
Copyright (C) 株式会社 日本環境管理センター All rights reserved.